御嶽山の登山、6月、7月、8月、9月の夏の注意点、服装・装備

⒈夏の登山の状況や注意点

長野県と岐阜県にまたがる標高3067mの御嶽山は、「御嶽山」と表記される山が日本にたくさんあるので、木曽御嶽山とも呼ばれていたりもします。また、古くから信仰の山として崇められており、山のいたるところに神を祭る銅像が建てられている山です。そして、標高は高いけど2000m越えからスタートできるうえにロープウェイもあるので、初心者でも比較的簡単に登ることができます。

スポンサーリンク

夏場になるとどこの山でも山開きが始まり、登山者で大変な賑わいを見せます。また、この時期の御嶽山の頂上付近の気温は最高気温が7月で13.9度で、最低気温が4.5度、平均気温が8.5度となります。登山者の中には、ご来光を一目山頂から見ようと夜からの登山をされる方がいますが、夜や早朝だと半袖では少し肌寒く感じます。ですので、夏だからといって薄着せずにしっかりとした服装を心がけてください。

また、この時期は道中登山者で道が詰まる場所もございますので、周りの登山者にも十分に注意して登山してください。そして、何と言ってもこの時期は紫外線が強くなる時期です。サングラスやその他日焼け止めなどを予防策として、塗っておくことをお勧めいたします。

⒉服装や装備について

引用元:http://blog.livedoor.jp

登山用品店に行くとたくさんの登山用ウェアが販売されています。軽いもの、汗が乾きやすいもの、ストレッチ素材の動きやすいもの、頑丈なものなど。登山で快適に、安全に過ごせるよう工夫されたウェアがたくさん販売されています。

登山用品、ボロボロでも買い取れます!!

山登り用品、使ってないものや余っている物ありませんか?

結構、グダグダで「これ売れないだろうな~」というものでも、

必ず買い取ってくれるお店があります。お金にかえていきましょう!!

↓ココをクリック!!↓
マウンテンシティ

また、それらを用意して万全の体制で登山に臨むのは素晴らしいことですが、沢山の登山用品を揃えなおかつ下から上までウェアを揃えるのはとても難しいことです。

ですので、最初の登山では普段着を活用しましょう。体が動きやすく乾きやすいポリエステルなどの素材の服を探してみてください。ジャージ生地のものは最適です。

そのため、自宅にある服を利用して足りない物だけを買い揃えれば、出費も随分おさえることができますし、実際に登山をしてみて「これが必要だ」と感じたら購入するのが間違いのない方法だと思います。

なぜなら、登山が初めての方は経験もないので、どのようなウェアが自分の登山に適しているのか、と言うのを判断するのはとても難しい事ですので。

スポンサーリンク

また、これはウェアだけでなくギアを選ぶ際にも言える事なのですが、初心者の方は高価で高機能な商品を買ってしまう傾向にあります。ですので、経験と知識を蓄えながらまた熟練の登山者やアウトドアショップの店員にアドバイスをもらったりしながら、本当に必要な物だけど徐々に増やして行く、と言うのがお金も多く使わない賢い方法だと思います。

それまでは人に借りたり、あるもので済ましながら登山を続けるのがおすすめです。

登山用品、ボロボロでも買い取れます!!

山登り用品、使ってないものや余っている物ありませんか?

結構、グダグダで「これ売れないだろうな~」というものでも、

必ず買い取ってくれるお店があります。お金にかえていきましょう!!

↓ココをクリック!!↓
マウンテンシティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする