御嶽山の登山、4月、5月、春の注意点、服装・装備

⒈春の登山の状況や注意点

長野県と岐阜県にまたがる御嶽山には、春4月ごろになると残雪を残した山頂目指して、多くの登山家たちが山を訪れます。また、御嶽山山頂周辺の4月の最高気温は2.3度で、最低気温は-10.3度、そして平均気温は-4.8になります。気温もさることながら、山頂では風もあるため体感温度は、さらに低く感じられます。

スポンサーリンク

ですので、十分な装備や服装が必要となります。装備や服装に関しては後述しておりますのでそちらをご参照ください。そして、注意点としまして4月ということで春ではありますが、山頂付近には雪が残っています。富士山ですら遠目から見て4月と言うとうっすらとシュガーパウダーをまぶしたように白みがかっていますので、富士山より少し低いですが標高約3000Mある御嶽山でも、残雪があります。

だから、登山中に転倒したり転落したりする可能性も十分にありますので、ご注意ください。

⒉服装や装備について


引用元:http://www.camp-outdoor.com
春の御嶽山に挑戦する際に必要な装備品や服装についてまとめました。下記の内容をご参照ください。

  • ヘルメット
    転倒した際や、落下物などから守ってくれます。また、ヘルメットを着用していることによりヘッドライトが付けやすくなるのもメリットです。

登山用品、ボロボロでも買い取れます!!

山登り用品、使ってないものや余っている物ありませんか?

結構、グダグダで「これ売れないだろうな~」というものでも、

必ず買い取ってくれるお店があります。お金にかえていきましょう!!

↓ココをクリック!!↓
マウンテンシティ

  • ストック
    『Stock(ストック)』とはドイツ語で「杖」を意味し、英語では『Stick(ステッキ)』となりますが、とくに登山に使う杖は『TrekkingPole(トレッキング・ポール)』と呼ばれます。また、英語とドイツ語の呼び方の違いだけで、ようはアウトドア用の杖であることに違いはありません。形状はスキーで使うストックと同じですが、携帯しやすいように伸縮が可能になっているところが違います。日本の登山界は、歴史的にヨーロッパの影響を強く受けて来たことから一昔前はストックの呼び名が一般的でしたが、スキー用のストックと紛らわしいためか、最近はトレッキング・ポールの名称で認知されるようになって来たようです。
  • スパッツ
    よくアスリートのスポーツ選手などが着用しているパンツのことです。通気性がよく、速乾性もあるので登山にも最適です。
    手袋:軍手でも良いのですが、しっかりとした登山用の手袋をお勧めします。
    サングラス:春にもなると日差しが強くなり、照り返しで目が疲れてしまうのを防止します。
  • 12本歯アイゼン
    残雪が山頂付近には残っている恐れがありますので、スリッピング防止のためにしっかりとアイゼンを装着してください。
  • ピッケル
    こちらも、残雪のために必要なアイテムになります。山頂に近づくにつれてなるだけ使用しましょう。
  • テント
    しっかりとした、登山用のテントを持参しましょう。

登山用品、ボロボロでも買い取れます!!

山登り用品、使ってないものや余っている物ありませんか?

結構、グダグダで「これ売れないだろうな~」というものでも、

必ず買い取ってくれるお店があります。お金にかえていきましょう!!

↓ココをクリック!!↓
マウンテンシティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする