筑波山の服装、夏の6月、7月、8月、9月の登山情報など

⒈夏の登山の状況や注意点


引用元:http://xn--nbku53knlq.xyz/

夏場になりますと、遮光対策や日焼け対策が必要となってきます。そして、筑波山には大きく分けて2つの登山コースがありますが、一つは「御幸ヶ原コース」ですがこのコースは標高差が大きくそれなりに急な斜面が続きます。

スポンサーリンク

林の中に山道がありますので遮光対策に悩む必要はございませんが、時間にして約90分程度かかるコースですので初心者には夏場の暑さの中だと少しきつい気もします。

また、もうひとつのコース「おたつ石コース」は標高差が無い分御幸ヶ原コースよりなだらかなのですが、駐車場からの最初の登りと山頂手前の岩場は急になっています。

こちらのコースは体力的には「御幸ヶ原コース」に比べてさほどきつくもないのですが、欠点は山道に日差しを遮るものがなくしっかりとした遮光対策が必要になる点です。

そして、この時期の駐車場の状況ですが昼間の時間帯を除けば大変どの駐車場も空いている方です。また、ロープウェイやケーブルカーも他の時期に比べたら空いている方だと言えます。

登山用品、ボロボロでも買い取れます!!

山登り用品、使ってないものや余っている物ありませんか?

結構、グダグダで「これ売れないだろうな~」というものでも、

必ず買い取ってくれるお店があります。お金にかえていきましょう!!

↓ココをクリック!!↓
マウンテンシティ

⒉服装や装備について

引用元:http://xn--nbku53knlq.xyz

夏場になってくると登山であれどおしゃれな服装で歩きたいものです。この時期には登山客の中にもジーンズで山頂を目指す方もちらほらいらっしゃいますが、筑波山の場合は普通にジーンズでも登れます。

そのかわり、しっかりとしたストレッチタイプのジーンズの方が登りやすいのは言うまでもないでしょう。また、夏場は日差しも強いため遮光対策に帽子が必ず必要となります。その他にも他のシーズン以上に給水用の水が必要です。

日中、暑すぎて熱中症にならないためにも水分補強をこまめに取り、間食用のおやつなんかも準備しとくとエネルギー不足にもならないで済みます。

そして、夏場は暑いからといって半袖半ズボンでの登山は特にやめるようにしてください。山中では害虫などもいますし、日差しが直にあたり日焼けの原因にもなります。また、転倒した際や木々の枝で引っ掻いた際に怪我にも繋がり兼ねません。

そのため、しっかりと半袖半ズボンの下にも長袖のアンダーシャツを着用するように心がけてください。

登山用品、ボロボロでも買い取れます!!

山登り用品、使ってないものや余っている物ありませんか?

結構、グダグダで「これ売れないだろうな~」というものでも、

必ず買い取ってくれるお店があります。お金にかえていきましょう!!

↓ココをクリック!!↓
マウンテンシティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする